自家製イノシシ・パンチェッタでペペロンチーノ
U-san's Recipe
#450


H20.12/19
パンチェッタは本来、豚バラ肉を指すらしいが、塩漬けしたバラ肉もパンチェッタと呼ばれ、アマトリチャーナカルボナーラなどのパスタやスープに欠かせない。
自家製猪バラ肉のパンチェッタを、シンプルなパスタに
■ 材 料
イノシシのパンチェッタ 50g
パスタ 100g
オリーブオイル 大さじ2杯
ニンニク 1-2片
鷹の爪 1-2本

キャベツ*
■ 使用した鉄鍋
8" Skillet
■ 作り方
  1. パンチェッタはやや太めの拍子木、ニンニクはスライス、鷹の爪は小口切り
  2. パスタを茹でる。水1Lに塩5-10gを加え、標準より固めに茹でる
  3. スキレットにオリーブオイル大さじ1杯を入れ、パンチェッタとニンニクを入れて焦がさないように炒め、香りが立ったら鷹の爪も入れる
  4. パスタの茹で汁1/4カップ弱を加え、しっかり乳化させる
  5. 固めに茹でたパスタを入れて、ソースをからめる

右はキャベツ入りペペロンチーノ
■ 備 考
巨大な塊肉をよくもらうが、一度に食べきれないので、塩漬けにしてパンチェッタベーコンにする。
最初は、猪肉で作ったパンチェッタを使ったが、普段は豚バラ肉で作ることが多い。
春キャベツを加えると、彩りが良く、美味しい。具材を炒めて茹で汁を加える前に、適当な大きさに切ったキャベツを加えて炒める。
自家製パンチェッタについてはこちら豚&猪のパンチェッタ

ダッチオーヴン・レシピ集麺類・パスタパスタオイル系パスタ
ダッチオーヴン・レシピ集肉料理猪肉
Copyright(C) 2008 Uemura Naika Clinic(U-san),All rights reserved.