簡単チキンカレー
U-san's Recipe
#144


H16.1/7
ダッチオーヴン定番料理の「丸鶏の蒸し焼き」。底にたまったスープで作ったカレーも評判が良く、アッという間に食べ尽くされる。ただカレーの度に丸鶏では大変なので、ぶつ切りの鶏と野菜を蒸し焼きにして、水を一切使わないカレーを作った。
カレールーも作ってみた
■ 材 料
鶏肉(モモ肉ぶつ切り、手羽など) 600g
タマネギ 大3個
トマト(完熟) 中2-3個
ニンジン 2本
セロリ 1/2本
ブロッコリー、カブ、マッシュルームなど
ローリエ 2枚
ニンニク 1片
オリーブ油
塩、コショウ
カレールー 100-120g
■ 使用した鉄鍋
10" Combocooker
■ 作り方
  1. タマネギ、ニンジン、リンゴ等は乱切り、セロリは粗みじんにしておく
  2. プレヒートしたコンボクッカーにオリーブ油を入れ、みじん切りのニンニクを炒める
  3. タマネギを入れ、しんなりするまで炒める
  4. 鶏肉とニンジン・セロリを入れて炒める
  5. 丸ごとのトマト、ローリエを入れ、蓋をしてごく弱火で約1時間蒸し焼きにする
  6. トマトをつぶして、しばらく煮込む
  7. カレールーを混ぜ、塩で味を調える
  8. ブロッコリー、カブなど好みの野菜を入れてさらに煮込む
■ 備 考
無水調理はダッチオーヴンの得意とするところで、この頃、ビーフカレーポークカレーなど水を入れないカレーをよく作っていた。野菜の水分だけで十分な量のスープができ、しかもタマネギやトマトの甘みが引き出せるが、ある程度しっかり煮詰めないと味は物足りない。
具として入れる野菜は、その季節のものを中心に好みで入れる。
右の写真は、13thクックオフin九州前夜祭で作った焼きカレーバージョン。
カレールーは市販のもので構わないが、コンボを使えば結構簡単にできる。作り方は下記の通り。
ルーから作る基本のカレーは、こちらも基本のチキンカレー


カレールー

H16.1/7
■ 材 料
カレー粉 40-50g
ターメリック
クミン
コリアンダー
チリパウダー
ガラムマサラ
カルダモン
ナツメグ
バター 40g
オリーブ油 大さじ3杯
小麦粉 50g
■ 作り方
  1. コンボの蓋を軽くプレヒートする
  2. 蓋にスパイスを入れ、焦げないようにごく弱火で炒めながら混ぜ合わせる
  3. スパイスの香りが立ってきたらガラムマサラを加え、軽く炒めたら冷ます
  4. コンボクッカーをプレヒートし、バターとオリーブ油を入れてバターを溶かす
  5. 小麦粉を入れ、粉と油が馴染むまでごく弱火で炒めながら混ぜ合わせる
  6. 3のカレー粉を混ぜ合わせる
■ 備 考
どのスパイスをどのような分量で混ぜるかは好み、というかいまだによくわからない。しぇふ2号さんに教わったインド人シェフの配合は、ターメリック・クミン・コリアンダー・チリを1:1:1:1/3、仕上げにガラムマサラというのが基本らしい。その後、カレーの師匠・石鍋さんに倣って、クミン・コリアンダーを増やし、クローブ・カルダモンなどの香りを加えている。なお、市販のチリパウダーはチリやオレガノ・クミンなどの混合香辛料となっており辛さが足りない。そのため、辛さはカイエンヌペッパーで調節している。

ダッチオーヴン・レシピ集肉料理鶏肉
Copyright(C) 2004 Uemura Naika Clinic(U-san),All rights reserved.