PROJECT 5---5inch Baby Dutch Recipes
2002年11月ようやく手に入れた5inchベビーダッチ。
独り者用レシピから5inchならではのレシピまで、小さくてもここまでできる!というレシピの数々を掲載していきます。
一部5inchカントリーケトルや、5inch・3.5inchスキレットも使用しています
最新レシピ
使用したBaby DO
U-san's Balck Pot Profile
Baby DOの詳細


5" Baby DO Recipe Photo
Baby DO写真集


ダッチオーヴンレシピ集トップページへ
U-san's Black Pot Recipes

84台の復刻版ベビーダッチを積み上げた。
5DO 5"CampDutchoven
5CK 5"Country Kettle
5SK 5"Skillet
5WS 5"Wonder Skillet
3.5SK 3.5"MiniSkillet

1 ベークドポテト 5DO
小さいジャガイモなら5-6個入る
小さい5"はファイアースタータの上に乗せても大丈夫

H14.11/24
2 ローストオニオン 5DO
アルミホイルを敷いてゆっくり蒸し焼きにする。
蓋も温めておくが、途中でひっくり返して蓋の方から加熱するなんてこともできる。
間欠的に加熱して焼くこともできる。

H14.11/27
3 目玉焼き 5DO、5CK、3.5SK
5"DOの蓋でちょうど卵1個分。
丸底のCountry Kettleなら、きれいなまん丸の目玉焼きになる。
3.5"Skilletを使えばLODGEのマークになる。
Wonder skilletなら、ホットサンド用の四角い目玉焼きが作れる

3.5"Skillet Spoon Rest/Ash tray
4 白ご飯 5DO
ご飯の炊き方は最初中火、噴いたら弱火で15分という基本は変わりない。
1合半まで炊けないことはないが、かなり吹きこぼれる。1合くらいまでがいいだろう

H14.12/1 米1合半
5 鉄鍋ビビンバ 5DO
米を2/3〜3/4カップくらいにして、具をたくさん入れた方がいい。小さいのでお焦げを作りやすい
H14.12/7 ジャスト一人前
6 ロールパン 5DO
小さいので、火力に注意しないと焦げてしまう。プレヒートして生地を入れたら、上からの加熱だけで焼けるかもしれない
H15.1/5 生地をもっとたくさん詰めれば良かった
7 たこ焼き 5CK
普通のたこ焼き7-8個分くらいになるだろうか。ひっくり返して丸く成形していくのが難しく、中まで火を通すのも大変。労多くして、、、
H15.3/3 丸くするのが難しい
8 クレームブリュレカスタードプリン 5CK・5DO
5"DOの本来の使い方?
右写真はクレームブリュレ。5"DOを1台しか持ってなかった時は、5"CKも使って作った。脚の短い5"CKはレギュラータイプのCampDOにも収まるが、5"DOだと若干蓋が浮く。最近は、14"deep(5"DO×4台)か、12"deep(5"DO×3台)で作っている。
5"DOも持ってなかった時は、30cm Oijinに21cm Oijin Jr.を入れて、大きなカスタードプリンを作っていたが、復刻版5"Baby DOを手に入れてからは、deep CampDOにBaby DOという組み合わせで作っている。

H15.3/16 14"DOに一台の5"DOと三台の5"CK
9 筍の香味噌田楽 5CK
5"CKは丸底なので、香味噌の他にもソースを作るのに向いている。
ナスなどの田楽味噌にもよい。
ただし煮詰めすぎないように要注意

H15.3/19 丸底のカントリーケトルはソース作りに最適
10 ワッフル 3.5SK
熱っした2枚のSpoon Restで挟んで生地を焼いていく。楽しくて病み付きになり、他にもなかどら焼き梅が枝餅なども作ってみた
H15.10/13 結構楽しい
11 ミニ・タルトタタン 5CK
丸底の5"CKで作る方が、見た目にかわいい
H16.4/8
12 グリーンアスパラのコンソメゼリー寄せ 5CK
小さな5"CKなら、冷やすのも楽
H16.6/13
13 デコポンのマーマレード 5DO
5"にはデコポンがちょうど1個。
この他、キウイジャムなども小さいDOで作れます

H17.5/29
14 DO in DOパイ包みオニオンスープ 5CK
器が大きいので、生地を十分伸ばして、しっかりDOにくっつけないと、生地がたれてスープに浸かってしまう
H19.1/20
15 DO in DOオニオンスープ 5CK
パイ包みに失敗したのでバゲットを入れて焼いた
H17.7/18
16 オレンジソース 5CK
香味噌同様、ソースを煮詰めるのにちょうど良い
H17.7/18
17 柿のプリン 5CK
柿を器代わりに使ったが、プリン液が余り、5"CountryKettleでも作ってみた
H17.11/5
18 カボチャのプリン 5CK
LODGEのCountry Kettleにピッタリの蓋を、南部鉄器・及甚さんが見つけて送ってくれた
H17.11/17
19 大根の煮付け 5DO
鯛のあら炊きの煮汁で作った。ツナ缶・サバ缶で作るのも、簡単だが美味しい
H17.11/24
20 バーニャカウダ 5DO
しぇふ2号氏にマグロの兜焼きの付けダレとして教わったが、フォンデュに似た料理で野菜やパンに付けて食べる
H19.4/30
21 スフレチーズケーキ 5DO
DO in DOで、湯煎しながら焼く
H18.3/26
22 ゆで卵&温泉卵 5DO
お湯を沸かして卵を入れたら温泉卵になるだろうとやってみたら、小さいのに蓄熱力は高く、ゆで卵になってしまった
H18.8/24
23 釜飯 5DO、5CK
米1合の料理と言えば、やはりこれでしょう
H18.11/15、左は5CK、右は5DO
24 茶碗蒸し 5DO、5CK
Oijin Jr.で作るのも良いが、やはり上品にベビーダッチで作るべきだろう。
ちょっと贅沢に、、、鱈の白子の茶碗蒸し

H18.11/19、クックオフin九州にて
25 リンゴのクラフティ 5DO
赤ワインで染めたリンゴのコンポートを入れたが、他にも洋梨マンゴーなど、様々なフルーツで簡単に作れる。
Baby DOを複数使って作る時は、12”deep・14"deep CampDOに入れるが、1台ならそのままオーブンで焼いたり、Oijin深鍋に入れて焼いたりする

H18.12/7
26 リンゴのコンポート 5DO
リンゴを二つに割ると収まりがよい
H18.12/7
27 蕪のエビ射込み 5DO
蕪を上品に和風出汁で煮た
H18.12/13
28 アップル・クランブル 5DO
バターでソテーしたリンゴにクランブル生地を載せ、オーブンに入れて焼いた
H18.12/27
29 テリーヌ・パテ 5DO
写真は上から時計回りに、パテ・ド・カンパーニュフォアグラテリーヌスモークサーモンのテリーヌ
写真撮影のため12"deepDOに並べたが、残念ながらこの3種類は、焼き上げる温度が違うので、同時に焼くことはできない。
意外にも、ベビーダッチによる肉料理はこれが初めて

H18.12/30
30 鱈の白子の茶碗蒸し 5DO
記念すべき、U-san's Black Pot Recipe300作品目となったのがこれ。基本は茶碗蒸しだが、卵液に白子を混ぜ、塊も一緒に蒸して、あんかけにした
H19.1/20
31 ふろふき大根 5DO
やっくん大根を1本まとめて煮るためにOijin Jr.を使い、味噌ダレのみBaby DOを使ったが、大根一切れならBaby DO1台がピッタリ
H19.1/28
32 温泉卵生ハム&ベーコン 5DO
トロリととける温泉卵を、塩の利いた生ハム・ベーコンといただく
H19.1/28
33 イチジクのコンポート・ワインゼリー 5CK
白ワインで作ったイチジクのコンポートは、ワインシロップにイチジクの色が移ってピンク色になる。そこにゼラチンを混ぜて固める
H19.9/30
34 梅肉だれ 5CK
カルパッチョや蒸し鶏サラダに
H19.11/24
35 マドレーヌ 5DO・5CK
生地を流し入れて、DO in DOで焼く。
1台なら、オーブンに入れても良い

H19.11/25
36 ゆり根のきんとん 5CK
ゆり根のきんとんは全部裏漉しせず、一部を残して、その食感を生かす。正月らしく、紅で染めた
H19.12/31
37 蕪蒸し 5DO・5CK
蕪のエビ射込みとは逆のパターン。魚などの上に摺りおろしたカブをのせて蒸す
H19.12/31
38 中華風刺身だれ 5CK
一度煮立ったら直ぐに火を止める。余熱で少し煮詰まってちょうどいい
H20.3/1
39 キビナゴオイル漬け 5DO
夜のキャンプ場でつまみを入れたベビーダッチを並べワインを飲む。なかなかおしゃれ、だと思う
H20.4/19
40 蒸しパン 5DO
右の写真はかのこえんどう豆とサツマイモを使っているが、他にもカボチャや煮豆など、いろいろな具材で楽しめる
H20.5/18 20th関西クックオフにて
41 オイルフォンデュ 5DO
様々な食材を用意してみんなでベビーDOを囲めば、前夜祭も楽しくなる
H20.6/14 16th九州クックオフ前夜祭にて
42 マンゴー・ヨーグルトソースのチーズケーキ 5DO
普通のケーキ型だと表面が焦げてしまったため、Baby DOを使い、DO in DOで焼いた
H20.6/15 16th九州クックオフにて
43 ヤマモモのジャム 5DO
噴きこぼさないように注意しながら煮詰める
H20.9/3
44 蒸し焼き枝豆 5DO
茹でるよりも香ばしい。枝豆はあまり詰め込まず、アルミ箔とベビーダッチの間に少し隙間を作る方がいいだろう
H20.10/18
45 リンゴのバターケーキ 5DO
ベビーダッチは蓋をせずにこんがり焼く
H20.11/8
46 バウムクーヘン 5DO
年輪のような層を作るのに、結構手間がかかる
H20.12/26
47 里芋のロースト 5DO
固い皮だけ剥いて蒸し焼きにすれば、ねっとりほくほく
H20.12/27
48 焼き栗 5DO
栗を入れて火にかけるだけ。下に小石やアルミ箔を置いて、焦げ付きを防ぐ
H21.10/14
49 イノシシビーンズのホットサンド 5WS
四角くて浅いワンダースキレットは、ホットサンドにピッタリ
H21.12/31
50 マスタードソース 5CK
塊肉をローストして、その肉汁でソースを作るが、大きなダッチオーブンで作るのは大変。そこで、肉汁でタマネギ・ニンニクを炒めたらベビーダッチに移して、仕上げていく
H22.8/15
51 鹿肉のテリーヌ 5CK
ベビーダッチによる久しぶりの肉レシピ。写真は鹿モモ肉・レバー・ピスタチオを使ったものだが、銀杏やムカゴ入りのテリーヌも美味しい
H22.12/15
52 お茶出し殻の佃煮 5DO
お茶の出し殻はそうたくさん集まるものでもないので、ベビーダッチでちょうどいい。ただ、蓋でチリメンジャコを炒るのはちょっと大変
H23.3/27
53 ハンバーグ用デミグラスソース 5CK
ハンバーグにかけるデミグラスソース。デミグラスを作ってる某メーカーのサイトによれば、バルサミコ酢を少し加えるとコクが出るらしい
H23.8/13
54 煎り酒 5DO
江戸時代頃まで広く使われた、日本酒に梅干しを入れて煮詰めた調味料。白身魚などと相性が良く、他にもいろいろ応用が利く
H23.12/15
55 アスパラガス・マスタードマリネ 5DO
マリネ液はベビーダッチの中で混ぜ合わせただけ
H24.5/30
56 トマトのコンポート 5DO
レアチーズケーキのトッピングとして作ったものだが、リンゴジュースやワインなどで煮て、シロップはゼラチンで固めて、トマトのコンポート&ジュレとして食べてもいい
H24.7/29
57 毛ガニのスープロワイヤル 5DO
毛ガニを食べた後の殻で取ったスープで作った
H24.9/2
58 豆腐 5CK
豆乳とにがりを混ぜて、DO in DOで蒸すだけ。
H24.12/6
59 黒豆豆腐 5DO
大豆に代えて黒豆で作った豆腐。豆乳も豆腐もアントシアニンの紫色を帯びている。
使った鉄鍋は5"BabyDO 1台で、Apple Potで湯煎した。

H24.12/15
60 出汁昆布と鰹節の佃煮 5DO
出汁を取った後の昆布と鰹節を捨てずに再利用。煮汁が無くなりやすいので要注意
H25.1/2
61 トウモロコシのスープ・ロワイヤル 5DO
毛ガニのスープロワイヤルのアレンジ。ロワイヤルは本来、コンソメの浮き実に使う卵豆腐のようなものだが、今回も毛ガニと同様、洋風茶碗蒸しのようにしてみた
H26.1/29
62 ネギ油 5DO
鯛の酒蒸しにかけて、風味をアップ。餃子の皮や麺類にも合うらしい
H26.4/26
63 丸ごとタマネギと自家製ベーコンの蒸し焼き 5DO
丸ごとオニオンローストでは、DOをひっくり返したりしながら満遍なく火を通していたが、10分毎に加熱・余熱を繰り返して火を通した
H27.7/17
64 ツナ大根 5DO
ツナ缶を使った、大根の煮付けの簡易版。サバ缶でもできる
H27.11/3
65 キャベツ・福耳トウガラシとベーコンのホットサンド 5WS
6枚切りの食パンにたっぷり具材を入れて、プレヒートしたワンダースキレットでしっかり押さえつけて焼けば、綺麗に焼ける
H28.11/5
66 ベーコン・卵とキャベツのホットサンド 5WS
Wonder skilletで四角い目玉焼きを焼き、食パンに挟んだ
H28.11/6
67 山椒の実の佃煮 5DO
山椒の実は、下準備が面倒。ベビーダッチで作るくらいの分量でちょうど良い
H29.1/1
最新作
68 カワハギ肝のコンフィ 5DO
低温の油でゆっくり茹でた、酒にぴったりのつまみ
H30.4/7
Page Top  ダッチオーヴンレシピ集トップページに戻ります U-san's Black Pot Recipes
Copyright(C) 2018 Uemura Naika Clinic(U-san),All rights reserved.